Now Loading...

Now Loading...

みなさん、こんにちは!
本日は『Pure Marriage ~赤い糸物語~』シリーズの楽曲制作担当『杏花』さんに、さくら編の主題歌に関するインタビューをさせていただいたのでご紹介いたします。
それでは、よろしくお願いいたします!

◆本日はお疲れ様でした。主題歌の収録を終えて今の感想は如何ですか?
広深香菜さんとは『せめらじ』に出演させて頂いて面識があったので和気藹々とした空気でした。楽しかったです!
スタッフ側も三回目の収録なので曲への理解も深まっていて進行もスムーズだったかな〜と思います。
ぴゅあまりヒロインの三人皆さんに言えることなのですが、ディレクションするとちゃんと変化してくれるので、ありがたいです。

◆今回はさくら編の主題歌ということで、まどか・セリカ編の主題歌とはどのような変更がありましたか?
まどか編とセリカ編でサウンドに、〝まどか編の方が激しめ〟〝セリカの方が控えめ〟と違いがあったので、さくら編も何かオリジナリティも出そうとは最初から考えていて。
収録の時にメーカーさんから「和風な歌詞も良いですね」と言って頂けたので和なエレメンツを足しました。
(作曲・編曲の)桜井さんにお任せしたのですが、足した量・変化させた量は今までで一番多いです!
同じ曲をずっと聞いているので、「ユーザーさんも飽きが来る頃かな?」というのもありますし、最後のヒロインなので我々もノッてしまいました(笑)

◆今回の歌詞はどのような想いで書きましたか?
「さくらは名前が使えるのでぜひ使ってみよう!」と思い、サビに持って来ました。
桜のイメージに引っ張られて和のテイストに寄っていった感じです。
キメの部分を探すところからはじめようと思ってサビDメロCメロ(落ちサビ)から書きました。
「Dは古語が呪文っぽくていいんじゃないかなー」と思い、色んな和歌を調べていたら「これが兄目線だったら萌えるなー♡」と思うものが見つかり、そこから膨らませていきました。

兄妹なのも大事なところなのでピックアップして……古語と妹の噛み合わせが凄く良くて!
古くは妹というのは妻だったり愛しい人を指す言葉だったみたいで、「なんかエロい!なんかいい!」と意気揚々と歌詞に入れました(笑)
後は全体を古語に合わせてでも古くなり過ぎない様に日常感も出して調整したり、まどかと被らない様に『桜=白』とワードを足したりしました。
「お兄ちゃんの方から手折って来てよ!」っていう誘い受けの歌詞です(笑)
歌詞を書くとキャラクターへの理解が深まるので私自身凄く勉強になりました。

◆ここに注目して欲しい、またはここの歌詞が好きという点はございますか?
『夕飯の気配だね』が私は好きです。
世界観を急に現実に返してくれるワードとして使っているのですが。
妹っていう禁断さじゃなくて、毎日一緒に暮らして来た家族だってところを大切にしてあげたくて……恋愛だと妹だってことに引っかかりがあっても、『誰よりも近くにいるんだぞ!』という自負があるだろうし、家族生活が幸せでもあり、兄のことが好きだから切なくて苦しいだろうな……と、「バランスを取ってくれている一文だなぁ」と思っています。

メーカーさんは2番のBメロが気に入って下さったみたいです!
あそこは凄くキャラソンっぽいですね。
キャラクターの見た目を歌詞に反映するとぐっとキャソン風になることを学びました(笑)

◆杏花様から見たさくらの印象は?
ゲームで見た時の印象は声の印象が強くて「しっかりしてそう!」です。
歌詞を書くことになって、内面の事だけでいうと、まどかとさくらって似てるなーと思って。二人とも所謂ツンデレで。良い子たちですし。

なので〝まどかとの違いはどこなのか〟を探していきました。
違いの部分を際立たせないと歌詞も似ちゃうかもって思ったのです。
私は『クール』『妹』『黒髪白リボン』ってところが一番の違いかなと考えて、
「色は白だ!とかビジュアルの清楚さを歌詞に反映させていこう」
「クールってことはそれだけ感情を抑えているってことだろう」
「なので人間性としては我慢強い女の子なんだろうな……」と思いました。

ゲームでもさくらは普段抑圧されている気持ちだったり可愛さが出てくると、凄く可愛いですよね!

◆最後にファンに向けたメッセージをお願いいたします。
さくら編もさくらちゃんのために書き下ろし&収録下ろしましたので!
ぜひ聞いて楽しんで下さい!



インタビューありがとうございました!