こちらは『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』のサポートページです。

【不具合が発生した場合】

最初に製品版のパッケージ内に同梱されています、
ユーザーマニュアルの17ページ「トラブルシューティング」をご覧ください。

また、下記で公開されている「アップデートパッチ」の修正内容をご確認の上、
お試しいただけますようお願いいたします。


【以上の方法で不具合が修正されない場合】

弊社のサポート宛てにメールをお送りいただけますよう、お願いします。
その際、以下の内容を明記してください。

 ●お名前
 ●ご住所
 ●お電話番号
 ●具体的な不具合の内容、症状
 ●11eyesのバージョン情報

※ 携帯からのメールや数行だけのご質問メールでは対応が難しい場合がございます。


★11eyesのバージョン情報の取得方法

以下の手順に従って、サポート時に必要なバージョン情報を取得してください。

  【1】11eyes.exeを起動してください。
  【2】キーボードで「Ctrl + F12」を押します。
  【3】「バージョン・著作権・環境情報」と書かれたウィンドウが表示されます。
  【4】次にウィンドウ下部の「環境情報をクリップボードにコピー」というボタンがあるので押します。
  【5】メモ帳などのテキストエディターを開きます。
  【6】「貼り付け」を行うと、テキストファイルに環境情報を貼り付けることができます。
  【7】環境情報をお問い合わせのメールに添付して、送信してください。



■■■

【現在のサポート状況】

【2008.05.29】アップデートパッチ1.01を公開
【2008.05.29】「現在発見されている不具合」を追加
【2008.05.02】「ユーザーマニュアル等の誤植」の正誤表を追加
【2008.05.01】現在開発中のアップデートパッチについて
【2008.05.01】「ユーザーマニュアル・readme.txtの誤植」正誤表の公開
【2008.04.25】サポートページ開設



■■■

【アップデートパッチ1.01の詳細】

■注意事項

以下の文章を必ずお読みいただき、同意の上で本パッチをご利用ください。

本パッチによってアップデートされた『11eyes』は、古いバージョンに戻すことはできません。
あらかじめご了承の上で、パッチをご適応ください。
また同意の上で行われたアップデートに対して、何らかの損害が発生した場合でも、弊社はその責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

なお、以前のバージョンに戻したい場合は、アンインストールと再インストールを行ってください。



■アップデートパッチ適用以前のセーブデータについて

本パッチを適用後、それ以前のセーブデータをご利用されますと以下の現象が発生する場合があります。

(1)ロードした際、開始されるテキストがシナリオ内部で以前よりも前の位置に移動する

(2)セーブ画面のサムネイル画像と読み込まれる位置の画面内容が違う

(3)旧セーブデータの位置に対して演出が強化された場合、演出の内容が一時的に繋がらなくなる

(4)一部シナリオの既読未読の判定が正常にできなくなり、自動スキップができなくなる箇所がある

これらは演出強化と文章修正のために行った変更によって、データの内容が変化したため起こる現象です。 不具合ではありませんので、そのままプレイを続けられても問題はありません。

これらの現象が発生する原因といたしましては、『11eyes』の内容全般に演出の追加と文章の修正を行ったため、

○演出が追加された分だけ、セーブ位置の行数が前に移動してしまう

○旧セーブデータに保存された内容と、新たに追加された内容に差異があった場合、文章・画像・BGM・効果音・既読判定などにズレが生じる

ということになります。
これらの現象に関しては仕様になりますので、あらかじめご理解とご了承の上で、アップデートパッチをご適用ください。



■アップデート内容

●ウィンドウ上部のメニューバーに「メッセージスピード調整」と「音量調整」を追加

●メッセージが表示される背景面の透過率を任意に調整できる機能を追加

●クリックでメッセージを進めた時に音声を止めない設定を追加

●入力設定に「クロスビジョン」を割り当てる設定の追加

●演出面の強化・調整(ストーリーの大幅な変更はありません)

●誤字、脱字、誤った表現の修正

●CGの調整・修正

●その他、細部の調整

なお、一部表現に関しましては、下記のように表明させていただきます。

■「うなずく」と「うなづく」
パッチ適応前のテキストでは両方の表記がありましたが、アップデート後は現代仮名遣いである「うなずく」に表記統一しております。

■「グランド」と「グラウンド」
校庭を意味する「グラウンド」ですが、これまでの作品では正確に「グラウンド」と表記しておりましたが、本作においては口語的な言いやすさから「グランド」と表記統一しておりますので、今回のアップデートでの修正対象とは致しませんでした。

また、お客様から寄せられたご意見ご指摘の中で、特に修正が難しいもの(シナリオの大幅な加筆、CGの大幅な変更、音声の大幅な変更)に関しましては、諸般の事情により現時点での修正が不可能なものがあり、今回のアップデートでは対応できませんでした。
この場を借りてお詫び申し上げます。


■アップデートパッチの使用方法

上記のリンクから、「11eyes_update_patch101.zip」をダウンロードしてください。
ダウンロード後、zipファイルを解凍していただき、
「11eyes_update_patch101.exe」を起動してください。
以後、起動したランチャーの指示に従ってください。
アップデートが正常に完了した後は、
「11eyes_update_patch101.exe」を削除していただいて問題ありません。

【アップデートパッチ1.01】

【ミラーリングサイト】

負荷分散のために、ミラーリングサイト様のご協力いただいております。
こちらからも同じアップデートパッチがダウンロードできますので、ご利用ください。

巨大ファイル配布支援サイト様 / 掲載ページ / パッチ1.01

Mirror D-Station様 / 掲載ページ / パッチ1.01

Holyseal 〜聖封〜様 / 掲載ページ / パッチ1.01

Xgame Electronic Station様 / 掲載ページ / パッチ1.01   

mirror.fuzzy2.com様 / 掲載ページ /パッチ1.01           

ねこねこ・うぇぶ.net様 / 掲載ページ / パッチ1.01

つんでれみらー様 / 掲載ページ / パッチ1.01

ぜいもえ様 / 掲載ページ / パッチ1.01

青猫屋様 / 掲載ページ / パッチ1.01



■■■

【現在発見されている不具合】

下記の不具合は、お客様の個々の環境・設定・動作に関わるもので、
修正パッチなどで対応するものとは異なります。
内容をよくお読みになり、対処方法をご確認ください。


■プラグインwin32dialog.dllが読み込めません

『11eyes』を起動しようとした際に、「プラグインwin32dialog.dllが読み込めません」というエラーが発生した場合、 お客様の使用している環境が対応OSでない可能性が高いと思われます。
『11eyes』の対応OSは、パッケージにもありますように、

Microsoft Windows 2000 / XP / Vista 日本語版

となり、その他のOSに関しましては、動作の保障をしかねますので、あらかじめご理解とご了承をお願いできればと思います。

なお、対応OSにも関わらず、同様のエラーが出た場合は、ファイルが破損している可能性がありますので、再インストールをお試しいただければと思います。


■ビットマップ用メモリを確保できません

『11eyes』をプレイ中に、「ビットマップ用メモリを確保できません」というエラーが発生し、 ゲームが終了してしまうなどの不具合が発生した場合、 お客様の使用している環境がメモリ不足になっている可能性が高いと思われます。
お客様の環境が必須条件を満たしているか、ご確認ください。

なお、メモリが必須条件を満たしている場合でも、

・他のアプリケーションを起動しているため、メモリ不足になっている
・仮想メモリが不足している
・各種デバイスのドライバのバージョンが古い

などの理由で発生する場合があります。
原因を特定できない場合は、「11eyesのバージョン情報」を添付・同封の上で、弊社にご相談ください。


■『ウイルスバスター2008』で警告が発生する

『ウイルスバスター2008』最新版(2008年4月5日時点)をご使用の際、
11eyesの一部機能に対して「不審な変更を拒否しました」などの警告が出る場合がありますが、
Windowsや他のプログラムに対して不正な処理は行なっていません

入力設定をプレイヤーの任意に変更できる機能に対し、警告を発していると思われます。
ウイルスバスター2008 の除外リストに本ソフトを加えることで、この問題は回避できます。


■マルチモニター環境でムービー再生

複数台のモニターをご利用されているマルチモニター環境の場合、
ある動作を行うとムービーの再生が重くなる(もたつく)場合があります。

「11eyes」をセカンダリモニターで起動中にムービーが再生された場合、
動作環境が低いと、ムービーが重くなる(もたつく)可能性があります。

また、ムービーが再生されている間に、
プライマリモニターからセカンダリモニターに「11eyes」のウィンドウを移動すると、
極端にムービーが重くなる(もたつく)可能性があります。

後者に関しては、行わないようにご注意いただければと思います。


【ユーザーマニュアル等の誤植】

製品版をはじめとした文書に、以下の誤植が発見されておりますので、ご報告いたします。


■ユーザーマニュアル

●02ページ
【誤】ユーザーズマニュアル → 【正】ユーザーマニュアル

●15ページ
【誤】保険医 → 【正】保健医


■readme.txt(ゲームディスク内)

【誤】本体験版 → 【正】本製品版


■特製設定資料集

●23ページ
【誤】禁書目録聖庁 → 【正】禁書目録聖省

●27ページ
【誤】『3days』では「広原雪子」 → 【正】『3days』では「広原月子」 

●39ページ
【誤】香央里、栞と駆 → 【正】香央里、栞と匡 

●60ページ
【誤】禁書目録聖庁 → 【正】禁書目録聖省

●94ページ
【誤】禁書目録聖庁 → 【正】禁書目録聖省